here&there

   ~或いは、馬とお酒とひとり言~
MENU
居酒屋

最後の晩餐。 【火の鳥@県庁通り】

皆さん、最後の晩餐には何を望みますか??

アメリカ・フロリダ州の刑務所では、死刑囚の刑執行前に40ドル以内なら好きな食べ物・
飲み物を自由にリクエストできる制度があるとの事。

ただ、特にリクエストがない死刑囚は刑務所の普通のメニューが提供されるとか。

そんな気になる最後の晩餐のリクエスト内容は、、、

・コーヒー1杯だけ
・箱詰めのチョコレートとビックサイズのアイスクリーム
・サラミのサンドイッチ、ピーナッツバターとジャムのサンドイッチ
・ナマズの揚げ物、フライドグリーントマト、ナスの揚げ物
・ロブスターテール、フライドポテト、ハーフポンド、揚げハマグリ、ガーリックパンとルートビア
・ジャック・ダニエル


などなど多種多彩。。

僕はというと、、、

・寿司(生サバ)とビール
・焼鳥(肝を塩で)とビール
・焼肉(ハラミ)とビール
・ラーメン二郎(ヤサイ・カラメ)
・フレンチ(フォアグラのポアレ)とクリュッグ
・イタリアン(ビステッカ)とブルネロ


あたりで悩んでいるのですが(笑)、、、
いざその時が来たら、案外、塩おむすびとみそ汁とか家庭のカレーとか、そうったものを
求めるのかもしれません。。

さて、家族が帰省先から帰ってくる前日、束の間の一人暮らし最後の晩餐に選んだのは、
コチラ「火の鳥」さん。
火の鳥①
日銀や中銀、美術館などが立ち並ぶ丸の内の路地裏にひっそりと佇む焼鳥屋さん。
そう、この日の気分は焼鳥でした。笑

入店するとコワモテながら気さくな大将が話しかけてくれます。
「会社の人に美味しいと紹介されて」というと、「どこの会社?」と。○○(株)です、と応えると、
「ああ、○○部の○○さん、よく来てるよ~」との事。。

…、筒抜けになりそうなので、会社の話は控えました。。苦笑

まずは瓶ビールで乾杯!お通しには大根おろしと蒸し鶏が。
火の鳥②
店内が暗かったのでカメラの露出を上げたら、明るくなりすぎた。。苦笑

ポテトサラダがヤマだったので、トマトスライスを。
火の鳥③

焼き物は、まずを2本。
火の鳥④
塩・タレ注文せずにオーダー。タレがデフォらしい。

続いてやきとりせせりを。
火の鳥⑤
こちらは塩で出てきました。

最後に、おススメを聞くと鹿児島風に炭火で焼いた「モモ焼き」との事。
おいしそうだったのですが、ボリュームがありそうだったので、泣く泣く「モモたたき」に。。
火の鳥⑥
歯応えがあり、これはこれで旨い!!

店内は、サラリーマンの宴会や、父子2人組み、はたまた近所の常連風といった内容。
駅から外れた場所がら、地元の人に愛されているお店みたいです。

以上にビールを3本ほど飲んで、締めて約3300円。

お会計を済ませてお店を出ると、大将が見送りに外まで出てきてくれます。
「子どももOKだからまた来てよ!」と気さくなお言葉。こういう心遣いが良いですよね。

ぜひ、家族連れでまた来ます!!笑







↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://f04.blog129.fc2.com/tb.php/815-29c7dac2
該当の記事は見つかりませんでした。