here&there

   ~或いは、馬とお酒とひとり言~
MENU
一口馬主

東京TC2013年度募集馬検討

ようやくゆっくりカタログ・DVDを観れたので本格的に今年の東京TC出資馬の検討を
していきたいと思います。

よく見えた馬は下記の4頭。※よく見えた順です。

◎スタイルリスティック(父ステイゴールド) 牡馬 関西・松田博厩舎
スタイルリスティック12
今年はこれが一番よく見えました。トモの幅・形、首差しからピシッと真一文字に伸びた
胴のラインが素晴らしい。ディープ産駒に比べると歩様はやや硬めですが、前さばきは
軽快で後肢の踏み込みも深い。Nathaniel、Great Heavensら欧州G1馬を輩出した母系
は優秀。日本でもいつかは大物を出す牝系だと思います。そこに現在ブレイク中の父を
配合。クラシックディスタンスが合う配合だと思います。ただちょっと気になるのが、母父
にStorm Catを挟んでいること。ディープ×Storm Catの大成功で、母父Storm Catは
ちょっとしたトレンドになっていますが、ステイゴールドには重厚な血が合うので、母父の
軽さが引っかかってます。。

◎エリモピクシー(父ディープインパクト) 牝馬 関西・安田厩舎
エリモピクシー12
半兄リディル、クラレント、レッドアリオンはどれも重賞級ともはや説明不要の名牝系。
そこに日本リーディングサイアー・ディープインパクトを配された血統構成は豪華絢爛の
一言。ディープブリランテ、ジェンティルドンナと同じLyphardのクロスを持ち配合的にも
魅力あふれる一頭なのですが、馬体・歩様ともにレッドアリオンの同時期の方がよく
見えました。前さばきの柔らかさ・素軽さは兄同様ですが、後ろの繋ぎのクッションは
アリオンの方が柔らかい。それに募集価格8000万は流石に高すぎる。。セール出身
だけにしょうがないとは思いますが…。ただ、いつかはG1馬を輩出する牝系だと思って
います。まあ、それはレッドアリオンだと信じて疑わないのですが。笑

◎マンダララ(父ディープインパクト) 牝馬 関東・手塚厩舎
マンダララ12
毎回気になるマンダララ産駒ですが、今年は良く見えました。5月22日と遅生まれで
まだかなりトモ高ですが、トモのボリュームは素晴らしい。前後の繋のクッションもよく
柔らかい。踏み込みも深く、蹄の蹴りも力強くバネを感じます。半姉Mandeshaは欧州
G1を3勝と、血統も超一流。いかにもクラシックが似合いそうな血統なのですが、この
一族はいかんせん体質が弱いのがネック。。この仔も小柄で体質が心配ですが、
そこがパンとすれば楽しみな一頭。

◎ショウダウン(父ファルブラヴ) 牡馬 関西・笹田厩舎
ショウダウン12
一発があるとしたらこの馬でしょうか。深い胸、ボリューム感あるトモ、力強い四肢と
大物感溢れます。半兄レッドデュードは残念な結果になりましたが、11年の募集時、
レッドアリオンと迷ったほどの好馬体。血統的にも、欧州重賞級がズラッとならんだ
ブラックタイプも秀逸。父ファルブラヴはというと、走る産駒は牝馬だけに集中している
ので、牡馬はどうかと思いますが、世界中距離G1を席巻した父と一発大物を輩出して
いる母父Darshaanがハマればホームラン級が出る可能性もあるかと。前さばきも
柔らかく、後ろのクッションも効いており飛節もよく伸びる。なんとなくレッドルーラーと
似ており、それをもうちょっとパワー寄りにしたイメージ。

上記4頭を出資候補に考えています。

ただ、今年はぜったいコレ!!と思える馬がいないのも事実。。
字面だけだとキャロットクラブの方に魅力を感じています。東京TC1次募集締切までには
キャロットのカタログも届くと思いますし、複数のクラブを掛け持ちしている利点を活かして
まずはキャロット募集馬も含めて吟味し、申込もうと思っています。

どちらのクラブも人気馬は集中すると思うので、抽選必死ですがそれで外れたら最後は
秋に募集されるロードTOで補完しようかと。

今年はディープとカメハメハ産駒が欲しいな~と思っています。それも牡馬で、目指すは
クラシック!!という大物候補。空振り三振に終わる可能性も高いですが、それでも
一度はダービー出走級を引き当ててみたいと!!

まあ、こんな想像(妄想)ができる今頃が一番楽しい時期かもしれませんね。笑









※写真及び近況に関しては東京サラブレッドクラブ様より許可を得て転載しております。





↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://f04.blog129.fc2.com/tb.php/494-63c5ceb7
該当の記事は見つかりませんでした。