here&there

   ~或いは、馬とお酒とひとり言~
MENU
一口馬主

キャロット祭り、結局この馬に行きました!

今年、初めて参加するキャロット名物ドラフト祭りですが、色々迷いましたが、
結局、この馬に行きました!!


◎トキオリアリティー11(父ネオユニヴァース) 牡馬 関東・堀厩舎
トキオリアリティー11

4頭に絞り込んだ中、ディスカバリングビューティー11はやはり全兄の成績がサッパリだし、
体の小ささがどうしても気になり断念。ディープ産駒は来年以降のお楽しみにします。笑

シーズアン11に関しては、一次では埋まらなさそうだったし、東京TCのサセッティ11との
比較で優先で行くほどの血統・馬体でも~と思い、見送り。。

結果、トキオリアリティー11とグレイトフィーヴァー11の二者択一に。

正直、馬体はグレイトフィーヴァー11が一番良く見えました。堅実な兄弟を送り出す母の
血統も魅力的。ファーストインプレッションとしては、完全にグレイトだったのですが、やはり
配合が気になり。。父マンハッタンカフェ自身が非主流血統で構成されていることもあり、
牝系から主流血脈を得ている産駒が走っている傾向にあります。獲得賞金1億円以上の
産駒を見てみると、実に26頭中21頭がNorthern Dancerを持っていることが分かります。

そう、グレイトフィーヴァー11にはそのNorthern Dancerの血がないんです。。
グレイフィーヴァーの産駒は、快速クロフネ産駒でも勝ち上がるのに1800mを必要とする
重厚な血統。さらにズブいマンハッタンカフェを父に迎え、果たして日本の高速馬場に適合
できるのかが疑問になり、こちらを見送ることにしました。。
ただ、9代まで遡るI理論では抜群の配合みたいで、かなり悩んだのですが。。

結局、消去法でトキオリアリティー11を最優先で行くことにしました。

母トキオリアリティーはG1馬リアルインパクトを含む2頭の重賞馬を輩出。勝ち上がり率も
高く非常に優秀な繁殖。軽快なスピード馬を多く生み出していますが、そこにパワフルで
持久力に優れたネオユニヴァースの血が加われば、急坂のあるコース、底力のいる馬場で
持ち前のスピードで先行し、早め先頭から粘りこむ、、といった競走馬になるのでは、と。。

柔らかい歩様から芝向きかと思いますが、ダートでも行けそう。
17歳の高齢ながら休胎明けの産駒という点や、高齢繁殖から活躍馬を出した父の実績、
そして今や関東を代表するトップステーブル堀厩舎という点も魅力でした。

現在、総応募数628に対し最優先211口とよっぽどの大口が入らない限り、出資確実だと
思われるのでちょっと安心しております。。笑

まずは、24日の結果発表が楽しみですねー。笑






※写真及び近況に関してはキャロットクラブ様より許可を得て転載しております。






↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://f04.blog129.fc2.com/tb.php/371-75f6d806
該当の記事は見つかりませんでした。