FC2ブログ

here&there

   ~或いは、馬とお酒とひとり言~
MENU
一口馬主

凱旋門賞、所感。。

日本競馬界の悲願・
凱旋門賞制覇。

その夢に向け、今年も3頭の日本馬が挑戦。








*******************








ただでさえ重く力の要るフランスの馬場。
更に今年は降雨の影響で相当タフな状態に。

■2019年凱旋門賞


日本馬陣は、道中、好位でレースを進めるも
直線ではズルズルと後退。。伸びてくるのは
欧州馬のみ。TV画面からも消え去り、再先着
したキセキでさえ、勝ち馬から20馬身離され、
ブラストワンピースは30馬身、フィエールマン
に至っては、50馬身近く離された最下位に
沈む大惨敗。。

今年も凱旋門賞制覇はなりませんでした。。








*********************








敗因としては、毎年言及されていますが、
日本の競馬が、短い芝の高速馬場化され、
スピード・瞬発力に特化された馬のみを
生み出している点が挙げられています。

ただ、ドバイや香港のG1では日本馬が
かなり活躍しており、間違いなく日本馬の
実力はワールドクラスにあるはず。

ネオリアリズム:香港QE2世C


■ジャスタウェイ:ドバイデューティフリ


ディープインパクトに代表されるように、
日本のトップホースはスピード競馬に対応
するよう飛びが大きいストライド走法の
馬が多い。あのエルコンドルパサーも、
当初はそのような走りだったのを、1年ほど
欧州に滞在し、重い馬場に対応できるよう
ピッチ走法に変化させ、結果、凱旋門賞
僅差の2着に好走しています。

エルコンドルパサー凱旋門賞


生産・血の淘汰、高速馬場化、レース体系
など、日本競馬界の方向性・ベクトルは
個人的には間違っていないと思います。

後は、いかに欧州の芝にアジャストするか。
凱旋門賞を取るなら、エルコンドルパサー
ように長期欧州滞在させたり、トレセンに
重い欧州型の馬場を作り、走法を矯正さ
せる、など、方法は必ずあるはず。

来年以降も、日本馬による凱旋門賞挑戦、
そして悲願の凱旋門賞制覇を期待して。。








*********************








それがキズナ産駒だったら。。
キズナ凱旋門賞

かつて祖父ディープインパクト、父キズナ
続く父3代にわたる凱旋門賞挑戦。

ディープインパクト:凱旋門賞


キズナ:凱旋門賞


そして、祖父・父が果たせなかった、
日本競馬界の悲願を達成してくれる
産駒の誕生を信じていますよ!!











↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://f04.blog129.fc2.com/tb.php/1599-4c6ee8f1
該当の記事は見つかりませんでした。