here&there

   ~或いは、馬とお酒とひとり言~
MENU
 ┣レッドアリオン

安田記念への切符は逃すも善戦!!

重賞初制覇、そして安田記念への出走をかけてマイラーズCに挑んだレッドアリオン

1着には安田記念への優先出走権が与えられるこのレース。賞金の少ないアリオンにとっては
ここを勝つことのみ、G1挑戦への道が拓けます!!

しかし、ここにはワールドエース、フィエロ、エキストラエンド、オースミナインといったディープ産駒
のスピード自慢が集まり、かなり質の高いメンバー構成。。潜在能力では劣らないと信じているの
で、スタートを決め、流れに乗れるかだけが心配でした。

レッドアリオン2014③

さてレース。その課題のスタートを決めます!!もともとテンの脚は速い
アリオンはそのまま逃げると思われたカオスモスを交わし、なんと先頭へ。逃げる形となります。
まあ、初勝利も逃げだったように逃げた2レースではいづれも連対しているので、悪くない。
開幕週の止まらない馬場状態を考慮しても良い判断だったと思います。
そのままアリオンは先頭でレースを引っ張り、4角を回って直線へ!ちょと内にもたれますが粘り
込みを図ります!!しかし、好位にから早目に仕掛けてきたワールドエース、フィエロに差され
ます。その後も頑張りますが、エキストラエンドにも捉えられ結果4着まで!!

うーん、残念ながら勝つことはできず安田記念出走も夢と散りましたが、力は出し切ったのでは
ないでしょうか。スタートも上手く出てくれましたし、高速馬場への対応が気がかりでしたが、
時計勝負にも対応できたのは今後の収穫だと思います。ただ、やはりディープ産駒の瞬発力は
異常でしたね。。馬場適性の差がモロに出た感じ。しかし、1~4番人気を占めたディープ産駒の
1角に割り込めたのは力のある証拠。これが中山競馬場だったら結果は違っていたと思います。

逃げてもレースになりますが、この馬のベストはフローラルウォーク賞の時のような好位差しだと
思います。今回、スタート時にハミを掛けて出したそうですが、そうなるとどうしてもテンから力が
入ってしまい、ガーと行ってしまうので、いかに好位で落ち着かせるかが今後の課題ですかね。。

結果は残念でしたが、ダービー卿TCの時のような、出遅れ→道中不利→直線でどこへも出せず
といったチグハグなレースではなくスムーズなレースからの力負けだったので、フラストレーション
は全くなく満足いく内容でした。

力があるトコロは見せてくれましたので、今後さらに成長して重賞制覇、そしてG1の舞台で戦える
よう頑張って欲しいですね。

今回はホント、お疲れ様でした!!!







※写真及び近況に関しては東京サラブレッドクラブ様より許可を得て転載しております。





↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。