FC2ブログ

here&there

   ~或いは、馬とお酒とひとり言~
MENU
 ┣ロードベイリーフ

逃げ粘るもハナ差競り負ける。。 【ロードベイリーフ近況】

そろそろ順番でしょう。
と何度も思いつつ、6戦目に挑んだ我らが
ロードベイリーフ

ロードベイリーフ2019⑥

武豊騎手の進言通り、距離を1400mに短縮。
今度こそ!の思いで見ていましたが、、、








*********************








さてレース。
スタートは速く、さらにジョッキーも促し、
ハナを奪います。その後、約1馬身差ほど
離した軽快な逃げをうちますが、3~4角で
番手を進んだ馬に早めに競りかけられ、
直線を向いた時にはほぼ真横に。
そこから馬体を接したデッドヒート!!
一旦は交わされるも、差し返す!!
最後まで両馬ともまったく譲らず、並んだ
ままゴールへ。勝っていてくれ!と願うも、
写真判定の結果、ハナ差の2着。。




うーん、惜しい!惜しすぎる!!

ただ、1400mへの距離短縮にも十分対応
できるスピードと、一旦は抜かれながら
差し返す勝負根性を見せれくれたのは
大きな収穫。


2019.12.09
ロードベイリーフは、12月8日(日)阪神3R・2歳未勝利・混合・芝1400mに松山騎手55kgで出走。15頭立て2番人気で3枠5番から平均ペースの道中を1、1、1番手と進み、直線では最内を通ってタイム差無しの2着でした。馬場は良。タイム1分21秒3、上がり35秒0。馬体重は4kg増加の482kgでした。
・松山騎手 「スタートが速かったのに加え、馬場状態が良い部分も考慮。また、内枠でしたからね。無理に抑えてゴチャ付くよりは・・・と先手を奪う形を選択。とても先行力を秘めており、距離も合っていると思います。一旦は交わされながらも、差し返すぐらいの頑張り。3着以下は大きく離したのに・・・。申し訳ありません」
・森田調教師 「勝負処で早目に来られる形。人気を背負っている分、マークされるのでしょう。本当に惜しいレース。あと一歩・・・なのですけどね。勝って休みを入れたい気持ち。次走を優位に選べる4節以内で、新たな目標を挙げられれば・・・と思います」
≪2019年12月8日 阪神3R 2歳未勝利(混) 芝1400m 良 15頭≫
1着ナイントゥファイブ 54松 田 1.21.3    (  2・2・2)34.9 460kg 0kg
2着ロードベイリーフ  55松 山 1.21.3 鼻  (  1・1・1)35.0 482kg+4kg
3着ヒルノエドワード  55四 位 1.21.8 3  (  6・6・6)35.0 478kg 0kg


月1ペースで走っていますが、勝つまでは
続戦で行きそう。ただ、4節以内には、
芝1400mの番組がないので、恐らく、
1/5の阪神・芝1600mが有力かと。。


となると、1/5は京都金杯のカテドラルと、
未勝利のベイリーフが再びそろい踏み。。


…、行っちゃう!?京都!!笑











※写真及び近況に関してはロードサラブレッドオーナーズ様より許可を得て転載しております。










↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



 ┣ロードベイリーフ

京都遠征シリーズ2019① 【武豊を背に逃げるも。。 ロードベイリーフ近況】

去年の2月以来、久々の京都競馬場へ!

ロードベイリーフ201911①

天気も良く絶好の競馬日和。
武豊騎手が出資馬2頭に騎乗、そして、
ロードベイリーフの口取り権ゲット、
なによりカテドラルのマイルCS挑戦!
楽しみな一日の始まり♪








********************








まずは、未勝利脱出を期すロードベイリーフ
ロードベイリーフ201911③
ロードベイリーフ201911④
毛艶は良く、体調自体は良さそう。


レースでは好発を決めると先団へ。
何頭か、ハナを主張しますが、譲らず、
そのまま先頭へ。武豊を背に、軽快に
逃げます!その後も飛ばし、後続との差は
4~5馬身。楽な手応えのまま直線へ!
これはやったか!と思ったのも束の間、
残り200mあたりで一気に交わされると、
まったく抵抗できず、4着に敗退。。



うーん、末の甘い馬だけに、逃げの手は
歓迎でしたし、直線でもセーフティーリード
かと思いましたが、案外でした。。


2019.11.18
ロードベイリーフは、11月17日(日)京都2R・2歳未勝利・混合・芝1600mに武豊騎手55kgで出走。15頭立て3番人気で8枠14番から平均ペースの道中を1、1、1番手と進み、直線では最内を通って0秒5差の4着でした。馬場は良。タイム1分36秒4、上がり36秒7。馬体重は8kg増加の478kgでした。
・武騎手 「これまでのレースを見返すと、ワンペースなのかな・・・と。それを踏まえて先手を奪う競馬を試みました。ただ、直線で急にブレーキを掛けるような格好。どうも気の悪さを覗かせた感じです。スピードは秘めるタイプ。もう少し距離を縮めて馬の後ろで脚を溜め、ラストで抜け出す形が良いかも知れません」
・森田調教師 「今日は返し馬でも急に立ち止まる場面。なかなか勝ち切れずに申し訳ありません。5着以内は確保しているだけに、大きな問題が無ければ続戦の予定。ジョッキーの意見も参考に、次は1400mを考えましょう」
≪2019年11月17日 京都2R 2歳未勝利(混) 芝1600m 良 15頭≫
1着ゴルトファルベン  55スミヨン1.35.9    (  10・11・10)34.2 486kg+10kg
2着アステロイドベルト 55川 田 1.35.9 首  (  7・3・3)35.4 472kg 0kg
3着サーストンカイドー 55マーフィ1.35.9 鼻  (  2・2・2)35.5 504kg+2kg
4着ロードベイリーフ  55武 豊 1.36.4 3  (  1・1・1)36.7 478kg+8kg



ここまで月イチペースで5戦消化してますし、
見えない疲れがあったのかもしれません。

一旦、放牧でも良いかもしれませんが、
どうやら距離短縮して続戦の模様。

ロードベイリーフ201911②

直線向いた時は勝った!と思いましたし、
外連味のない良いレース。

次こそは勝ってくれると思います!

お疲れ様でした!!!











※写真及び近況に関してはロードサラブレッドオーナーズ様より許可を得て転載しております。










↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

 ┣ロードベイリーフ

11/17は『武豊』祭り♪ 【ロードベイリーフ近況】

11/17(日)京都での2歳未勝利に出走する
ロードベイリーフ

ロードベイリーフ2019⑤

鞍上は、コンビ3戦目になる福永騎手の
予定でしたが、まさかの騎乗停止。。泣

誰が乗ってくれるか心配でしたが、、、








********************








2019.11.14
ロードベイリーフは、11月17日(日)京都2R・2歳未勝利・混合・芝1600mに武豊騎手55kgで出走します。11月13日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.5-39.8-25.7-13.1 一杯に追っています。併せ馬では強目の相手を1秒1追走して0秒4遅れ。短評は「追走遅れ不安なし」でした。発走は10時30分です。



なんと、またまた武豊!!

これで、マイルCSに出走するカテドラルに続き、
11/24の京都では、武豊騎手が出資馬2頭に
騎乗。うーん、まさかの武豊祭り!!笑

過去、出資馬全262戦中、武豊騎手が騎乗
したのは僅か3戦のみ。。それなのに、同日に
2頭に騎乗してくれるとは。。


武豊騎手と口取り


これは、一口馬主を始めてからの悲願。
どちらか1頭でも、口取りが当たるよう、
願いを込めて応募。。








********************








カテドラル口取りは、口取り当選20に対し、
応募総数42。確率は約1/2だったのですが、
敢え無く落選。。泣


一方のロードベイリーフはというと、、、
無事当選ヾ(゚∀゚)ノ!!


という事で、、、、




行くぜ、京都!!!












↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

 ┣ロードベイリーフ

相手が悪かったとしか。。 【ロードベイリーフ近況】

3着・4着・3着と好走しつつも初勝利が遠い
我らがロードベイリーフ

ロードベイリーフ2019④

念願の初勝利目指し、昨日の未勝利戦に
出走。今度こそ!と思っていましたが、、、








*********************








さてレース。
今回もポンッと好発!ホント、ゲート上手い。
そのまま逃げるか!(逃げてもいいな♪)と
思ったのですが、他馬がハナを主張し、
番手からの競馬に。道中、ちょっとかかる
ような部分もありましたが、単勝1.5倍の
圧倒的1番人気馬が先行勢について行けず
追い通しで追走する姿を見、しめしめ、と。
そして直線へ!逃げる馬を捉え、今度こそ
勝てるか!と思った瞬間、外からまったく
違う脚色の馬が飛んできます!!
その後、その馬に食い下がるも、振り切られ
結果、2着まで。。


うーん、惜しい!しかし、よく頑張った!!

稍重で1000m通過が59.1秒とハイペースで
流れ、先行勢が総崩れとなるなか、最後まで
良く伸び、3着馬には5馬身差。

勝ち馬の決め手がちょっと別次元でしたが、
この馬も上り2番手の時計ですし、走る毎に
成長していると思います。








*********************








2019.10.21
ロードベイリーフは、10月20日(日)京都3R・2歳未勝利・芝1600mに福永騎手55kgで出走。8頭立て2番人気で4枠4番からハイペースの道中を2、2、2番手と進み、直線では内を通って0秒2差の2着でした。馬場は稍重。タイム1分35秒9、上がり36秒8。馬体重は2kg増加の470kgでした。
・福永騎手 「逃げて途中でペースを落とし、勝負処から早目にスパート・・・。勝ち切る為の策として、そんな形を考えていました。ただ、内枠の馬が主張。思い描いていたプランとは違ったかも知れません。それでも上手には走れていた印象。あと一歩・・・の惜しい競馬でしょう」
・森田調教師 「申し分ないレース運びで勝ちパターン。人気馬は後方でモタ付いていたのに、あの形で最後に交わされるとは・・・。今回は相手が悪かったとしか言えないでしょう。ロードベイリーフ自身も、4戦で最も力を出した感じ。3着以下は大きく離しているように、遠からずにチャンスは訪れそうです。調子を落とす前に決めたいところ。これまで通りに短期放牧も挟みつつ、適度な間隔で使うのがベターでは・・・」
≪2019年10月20日 京都3R 2歳未勝利 芝1600m 稍重 8頭≫
1着アリストテレス   55ルメール1.35.7    (  7・7・7)35.6 464kg-2kg
2着ロードベイリーフ  55福 永 1.35.9 1.1/4(  2・2・2)36.8 470kg+2kg
3着ベストジーニスト  55武 豊 1.36.8 5  (  1・1・1)37.7 476kg+4kg



森田師のコメントでは、短期放牧を挟むも、
これまで通り約1か月後のレースになりそう
なので、順調なら京都の最後か、阪神の
開幕あたりの出走になるでしょうか。

まだまだ成長途上で本当に良くなるのは、
もう少し先だと思いますが、まずは年内に
勝ち上がり、来年を迎えて欲しいですね。

頑張れーーー!!!











※写真及び近況に関してはロードサラブレッドオーナーズ様より許可を得て転載しております。










↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

 ┣ロードベイリーフ

阪神遠征シリーズ201909① 【ロードベイリーフ未勝利戦】

新潟でのデビューから、3着・4着と好走中の
ロードベイリーフ

関西初出走、鞍上も福永騎手と確保、と、
今回は勝負がかりと見て、久しぶりに、、
阪神遠征!!

口取りも取れたので、スーツを着用し、
必勝を期して阪神競馬場へ赴きました!








********************








まずは、単勝馬券とチューハイを買い、
必勝を祈願。
阪神競馬場201909⑤


そしてパドックへ。
阪神競馬場201909①


いよいよ、ロードベイリーフと初対面。笑
ロードベイリーフ201909④
ロードベイリーフ201909⑤
ロードベイリーフ201909③
ロードベイリーフ201909⑥
毛艶良く、踏み込み深く、歩様は柔らかい。
顔も利発そう。※出資者バカ。。苦笑
特に入れ込む事無く周回を重ねます。


「止ま~~れ~~~」
阪神競馬場201909②
ロードベイリーフ201909①
福永騎手が跨り、徐々に気合も乗ってきた
印象。馬が地下馬道に消えるのを見届け、
クラブの集合場所へ。。









********************








さて、レース。
好発を決め、ポンと先頭へ!その後、ハナは
他馬に譲り、2番手を追走。1000m通過が
59.3秒とまずまずのペースで流れる中、
その後も気分よく番手を追走し、直線へ!!
直線では逃げる馬を射程に入れ、押し出しの
タイミングを見計らう余裕。。



「こりゃ、勝ったな。」
と思ったのも束の間。。いざ追い出されると、
ビュッと伸びず、外から来た勝ち馬にスッと
交され、その後抵抗するも2着馬にも差され、
結果3着に惜敗。。

阪神競馬場201909③

完全にキレ負け。。
やはり、最終追切の最後1F13秒台だった
ように、トモに筋肉が付ききっていないのか、
ここ2戦同様、瞬発力では見劣りしますね。。

ロードベイリーフ201909②

2019.09.21
ロードベイリーフは、9月21日(土)阪神2R・2歳未勝利・混合・芝1600mに福永騎手54kgで出走。3着でした。
・福永騎手 「馬のリズムに合わせた結果、自然と2番手で運ぶ形に。上手な競馬は出来たと思います。この馬自身も相応の脚は使えているものの、これ以上はトップスピードが上がらぬ感じ。直線で内へモタれ気味だった様子からも、左回りの方が走り易いかも知れません。もう少し重たい芝が合いそう。また、先々はダートを試すのも一案でしょう」
・森田調教師 「完璧と言える立ち回りで、4コーナーの手応えも十分。ヤッたと思ったのに・・・。なかなか勝ち切れません。堅実には走れており、今回も着差は僅か。あと一押しなのですけどね。ひとまず厩舎へ戻ってダメージ等を確認。その上で条件の見直しを含めて新たなプランを検討しましょう」



騎手のコメントは辛口ですが、それでも、
勝ち馬とはコンマ1秒差。父ヴァンセンヌ
勝ち上がったのは3歳の4月。2勝目は4歳。
本格化したのは5歳と晩成傾向。

ベイリーフ自身も4/27と遅生まれの部類、
本当に良くなるのはこれからでしょう!

3戦とも真面目に堅実に走っていますし、
もう順番。相手・展開一つでしょう。

結果は残念でしたが、良い走りを見せて
くれたと思います。お疲れ様。

また応援に行きますよ!頑張れ!!











※写真及び近況に関してはロードサラブレッドオーナーズ様より許可を得て転載しております。










↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村


このカテゴリーに該当する記事はありません。