here&there

   ~或いは、馬とお酒とひとり言~
MENU
 ┣ネオリアリズム

復帰目標は札幌記念。という事は、引退まであと3戦か。 【ネオリアリズム】

ドバイターフを敗退したネオリアリズムですが、
しがらき・天栄を経てNF空港に移動しました。


ネオリアリズム2016⑨


5/11 NF空港
11日にNF空港へ移動しました。「ドバイ遠征の疲れを取ることから始めていますが、この後は北海道で調整してもらうことにしました。その中で順調に調整が進むようであれば直近の目標として札幌記念を視野に入れます。もちろん態勢が整わないようであればスライドして次走を検討していくつもりです」(堀師)




そして、復帰目標についてようやく言及があり、
札幌記念を予定との事。まあ、想定通りですね。


という事は、順調なら


札幌記念 → 天皇賞・秋 → 香港カップ


というローテーションでしょうか。。
恐らく今年がラストイヤーでしょうから、引退まで
あと3戦。昨秋は人災で順調さを欠いたので、
今年は順調に行く事を願っています!!


態勢さえ整えれば、怪物モーリスを完封した、
2016年のようなレースを見せてくれるでしょう。





そしてG1の勲章をあと1~2つ手にし、胸を張って
種牡馬入りして欲しいですね。


頑張れーーーー!!!


















※写真及び近況に関してはキャロットクラブ様より許可を得て転載しております。










↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
 ┣ネオリアリズム

残念無念、ドバイターフは惨敗。。 【ネオリアリズム近況】

この春、最大の大一番、ドバイターフに臨んだ
我らがネオリアリズム


ネオリアリズム2017QE2C①
昨年のQE2世Cに続く、海外G1のビッグタイトルを
期待していたのですが。。。







**************************








GCで無料放送されていたので、23時過ぎから
この日はTV前に陣取り、時を待ちます。。

いよいよ、パドックの模様が。
ネオリアリズム・ドバイターフ2018
変に入れ込む事無く、落ち付いていそう。
TV越しでしたが、肌艶も良く、体調は万全か!?







*************************









さて、レース。
ゲートが開くと好発を決めます!
カメラアングルが微妙で番手は分かりませんが、
途中まではハナを獲るかと思いました。
その後、徐々に抑えますが、この辺りで周りを
ロイヤルブルー軍団がガッチリ囲みます。。
直線まで動くに動けず、直線に入っても進路が
全くない。。結果、全く良い所がなく8着に惨敗。。








唖然。。。泣




いや、瞬発力勝負で分が悪いのは、昨秋の
香港Cで分かっているはず。。そもそも、この馬の
最大の持ち味である、スピードの持続力に関しては
モーリス騎乗時の札幌記念で思い知っているかと
思ってたのですが。。。


なぜに前に行かない!???
……、思い出すのも不愉快。。







*************************







今回はお疲れ様でした。。
が、何というか、昨夏の加削以降、流れが悪い。。

今年一杯、残されたレースは3戦くらいでしょうか。
この馬の能力に関してはこんなものではないと
思っているので、何とか、あと1~2つ、大きな勲章を
獲って、胸を張ってスタッドインして欲しい。。





このまま終わる様な馬じゃないだろ!











※写真及び近況に関してはキャロットクラブ様より許可を得て転載しております。










↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

 ┣ネオリアリズム

無事、戦地・ドバイに到着!! 【ネオリアリズム近況】

ドバイターフ(G1)に挑むネオリアリズム
ネオリアリズム2017②



無事、ドバイに到着しました模様です。

3/22  ドバイ・メイダン競馬場
20日にメイダン競馬場へ移動しました。21日、22日は軽めの調整を行いました。「火曜日の午前9時半ごろに出発して、現地時間の23時15分頃、日本時間の翌朝4時15分頃に到着しました。19時間弱の輸送となり、予定よりも少し時間はかかったものの無事に着いています。到着時は初めての環境ということもあってソワソワした素振りを見せていましたが、徐々に落ち着きが出てきています。検温したところ38.3度で翌朝再び検温した際には37度台にさがっていました。念のために血液検査を行いましたが、各項目ともに正常値を示しており、問題のない状態と言えることを確認できていました。初日の朝は曳き運動で体を軽く動かすようにしていました。午後に馬体重を計測したところ522キロ。美浦を出発する前日の計測が536キロでしたので、移動で14キロ減ったことになります。日本で体を太めに造ってありましたので、今ほどの状態でこのあと安定してくれれば目論見通りです。今朝は日が昇る前で20度ほど。半袖だと若干肌寒いかなというくらいの気候でした。その時の体温は37.6度。カイバは9割食べていますが、乾草を食べる量はいつもよりも少ない状況でした。ただし、気温、湿度ともに日本とはまったく異なるので、より大事になってくる飲水量に関しては問題ない状況でもあります。ソワソワした素振りはまだいくらか見せていますので、今朝も検疫厩舎のエリア内での曳き運動と、芝生のうえで草を食ませるなどしてリラックスさせるようなメニューにしています。気候をはじめとする色々なことが日本と異なること、初めての環境であることなどを考えるとドバイでの環境に適用させること、そして輸送の疲れをしっかりと取ることが何より大事になると考えています。それなので、まずは状態を整えることに専念して、上がってきたと思えてから少しずつ調整を進めていこうと考えています」(堀師)31日のメイダン競馬(ドバイターフ・芝1800m)にモレイラ騎手で出走を予定しています。また、4月29日に香港・シャティン競馬場で行われるクイーンエリザベスⅡ世C(GⅠ)、チャンピオンズマイル(GⅠ)に予備登録を行いました。なお、今回の予備登録料は無料です。




鞍上は、引き続き、初G1勝利をもたらしてくれた
マジックマン・モレイラ騎手に決定。

3/16  堀厩舎
16日は軽めの調整を行いました。「鞍上の調整を行っていましたが、このたび正式にモレイラ騎手で向かうことが決まりました。モレイラさんには香港でクイーンエリザベスⅡ世Cを勝たせてもらったように、この馬のことをよく知ってくれているジョッキーですから楽しみにしています。また、今春の香港の2レースに予備登録(無料)をさせていただきました。これはあくまでも登録だけで、もしもの時のためです。鞍上が決まりましたので、引き続きドバイへ向けてしっかり準備を進めていきます」(堀師)31日のメイダン競馬(ドバイターフ・芝1800m)にモレイラ騎手で出走を予定しています。


ドバイターフはワンターンで直線の長いコース。
瞬発力勝負になりやすく、持久力が持ち味の
ネオリアリズムには不向きなレースになりそう
ですが、そこは鞍上マジックマン。ある程度の
位置から早いラップを刻み、上り時計の掛かる
消耗戦に持ち込み、持久力を活かした正攻法
の競馬を見せてくれるはず!(願望)



中間の動きも概ね良さそう。

3/15  堀厩舎
14日は軽めの調整を行いました。15日は美浦南Wコースで追い切りました(72秒8-56秒8-41秒8-13秒8)。「火曜日の出国に備えて検疫所へ入っています。環境が変わったことでカイバ食いのスピードがいくらか遅くなったり、午後に馬房から出して馬体チェックをする際にソワソワしたりする仕草を見せていましたが、今回で4回目の遠征です。最初の遠征の頃はカイバを思うように食べず、イレ込み気味になったこともありましたが、今は遅いとは言えカイバを完食できていますので許容範囲内と見ています。今は週の半ばと週末のサイクルを入れ替えて調整を進めています。週中の調教を軽い、調整程度という表現にしたものの、それでもウチの厩舎としては一歩踏み込んだ攻めた調整をしています。通常、週末の調教はオーバーワーク等を配慮したうえで坂路にて動かすことが多いのですが、今は週の半ばも週末もコースで行っています。ドバイまでの長い距離の輸送があることと現地の気候の寒暖差から調整の難しさが懸念されるので、国内にいるうちにある程度仕上げたいと考えたからです。現地に行ってから極力狂いが生じないように、出発前の段階で心肺をしっかりと造っておきたいと考えコース追いを継続しています。ただし、これを実行するには対応できる状態でなければなりません。普通は、年齢を重ねると筋肉等の傷みから肉体面で気にすべきポイントは増えてくるものなのですが、ネオリアリズムの場合はむしろ脚元がしっかりとしてきて体が固まってきた印象を受けるので、今回のような調整ができます。今朝は週の半ばのものとして追い切りましたが、予定通りのラップで動かせました。環境が変わったことで昨日の普通キャンターでも今朝の追い切りでも若干気持ちが昂っていることでコントロールの難しさを見せるシーンもありましたが、コンディションと乗り手とのマッチングが良好なことから口向きは良化してきていると見ていますよ。このあと日曜日にある程度しっかりと動かして整え、現地へ向かいます。馬体重は水曜日に計測したときが534キロ、今朝の追い切り直後が530キロでして、数字上も大体思惑通りに来ています」(堀師)31日のメイダン競馬(ドバイターフ・芝1800m)に出走を予定しています。


3/18  堀厩舎
18日は美浦南Wコースで追い切りました。「予定通り今朝国内最終追い切りを行いました。今日はサトノクラウンとの併せ馬で、ネオリアリズムが数馬身後方から追いかけて直線でシャープに伸ばすような内容にしました。ネオの時計の詳細は不明ですが、クラウンから換算するとおそらく5ハロンで65秒半ほどになり、しっかりと動けていたと思います。あとは無事に輸送をこなし、現地で出走の態勢を整えていきます」(堀師)31日のメイダン競馬(ドバイターフ・芝1800m)にモレイラ騎手で出走を予定しています。





クラブからもドバイ出走案内の書面が届きました。
ドバイターフ2018①
出走理由:①世界の強豪ともその力量は遜色ない
       ②種牡馬価値を高める為のG1挑戦
       ③1着賞金が約3.8億と高額

この辺りを読むと、思わずニヤけてしまいます。。笑


ドバイターフ2018②
今回の遠征費は、1口あたり約1.9万。請求明細に
記載があり、3月請求で引き落とされるみたいです。


招待レースで、輸送費や関係者の諸経費は主催者
持ちとは言え、800万弱の費用が発生する以上は
何とか、ネオリアリズムには、2つ目のG1タイトルと
優勝賞金をくわえて帰ってきて欲しいものです。笑



ネオリアリズム2018①
ぜひ、シャティンに続くG1・2勝目の歓喜を日本に
もたらしてくれ!!


御武運を!!!














※写真及び近況に関してはキャロットクラブ様より許可を得て転載しております。










↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

 ┣ネオリアリズム

ドバイターフ招待受諾!!ジョッキーはどっち!?? 【ネオリアリズム近況】

ようやく正式発表がありましたね!


ネオリアリズム2017QE2C①


先日、栗東TCに帰厩したネオリアリズムですが、
ドバイターフに出走する方向性ながら、馬の
状態次第との事で、動向が注目されていましたが
先日、公式HPでついに発表されました。


2/28 堀厩舎
28日は軽めの調整を行いました。「先週の木曜日に入厩して少しずつ動かしている状況です。様子を見ながら徐々に負荷をかけて仕上げを進めていくところではありますが、昨日までの様子からゴーサインを出しても大丈夫なのではないかと思えたので、このたび正式にドバイからの招待を受諾させていただきました。出走へ向けて色々と検討、そして調整していかなければいけない要素は残っていますが、そこはこの後の馬の仕上げと並行して進めていきます」(堀師)3月31日のメイダン競馬(ドバイターフ・芝1800m)に出走を予定しています。



ドバイターフ招待受諾!!!祝


いやー、今年、一番出走して欲しいレースだった
たけに、出走が決まり本当に嬉しい♪


思えば、4歳時の札幌、洋芝で驚異の上がり33.5秒を
叩き出したようにこの馬は1800mがベストディスタンス
だと個人的に感じています。





マイルG1でも通用するスピード、2000mを逃げ切れる
心肺機能、その能力を如何なく発揮できれば、
勝ち負けになるはず!!


3/1 堀厩舎
1日は美浦坂路で追い切りました(58秒1-42秒2-27秒7-14秒3)。「先週こちらに入ってきたのですが、どうしても輸送で体が減ってしまいがちで、来た時は526キロでした。まずはそこがポイントになると思っていましたのでよく観察してきましたが、徐々に戻ってきており、水曜日の段階で535キロになっています。毛ヅヤ、体の張りともに良く、元気もあります。ただ、現状ではテンションのほうが勝っていて心身のバランスが整っていないとも言える状況なので、いきなり調整のピッチを上げていくのは得策ではないと考えて、少しずつ進めていくようにしています。週末は軽めにして、今朝も馬場での調教にはせず坂路でじわっと動かすようにするなど、ゆっくり立ち上げるようにしています。遠征についてですが、ドバイからいちばん最初のタイミングで招待いただいていたので早々に準備に取り掛かることができました。正式な返事は状態の確認をもってからになるものの行くことを前提にして現地とは早い段階から交渉を行っていたんです。輸送はこの馬にとって大きなポイントになりますから、現地での調整のことなども含めて話をしており、下準備はできています。そのうえで状態を確認して先日正式に受諾をさせていただいたというのがこれまでの経緯です。鞍上についてはまだ確定するには至っていませんが、ムーアモレイラのどちらかで向かうことを考えています」(堀師)31日のメイダン競馬(ドバイターフ・芝1800m)に出走を予定しています。


騎手はムーアモレイラを予定との事。
2人ともネオリアリズムで勝った事のあるジョッキー
なのでどちらになってもネオリアリズムを上手く御し、
気分よく走らせてくれると思います。


メンバーは骨っぽいのが揃いそうですが、それらを含めて
「勝負に行ける状態」
と、あの掘師が判断した訳ですから。。


ドバイターフ日本馬三連覇。。
その偉業を達成するのはネオリアリズムだと
信じています!!!


頑張れ~~!!!















※写真及び近況に関してはキャロットクラブ様より許可を得て転載しております。










↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

 ┣ネオリアリズム

いよいよ帰厩、そして掘師自らドバイについて言及。 【ネオリアリズム近況】

いよいよ、うちの総大将ネオリアリズムがトレセンに
帰厩しました。集大成になるであろう今年の緒戦に
向け、本格始動です♪

ネオリアリズム2017③


外厩での調整は順調で、状態は良化しているみたい。
そして今回、掘師よりドバイに向けて言及がありました。


2/22  堀厩舎
22日に美浦トレセンへ帰厩しました。「本日美浦へ帰厩させています。しがらきでの状況は報告を受けて把握できていましたが、手元でしっかりと状態を確認していくことが馬を扱っていくうえで非常に大事なことですので、改めてよく観察をしていきます。基本的にドバイへ向かうつもりでいて、輸送のことや現地での調整に関することなど、細かい事への交渉も早い段階からしており、徐々に整いつつある状況です。勝負へ向かうわけでそういったことは非常に大事になってきますからね。あとはジョッキーやメンバーといった要素がそれに加わってくるのですが、そのあたりはこの後の状況次第になるでしょう。何よりも大事なことは状態面です。現地へ向かえる、勝負に行けるという状態であるかどうかが一番大事な要素になりますから、しっかりと見極めていきます」(堀師)



「基本的にドバイに向かうつもり」との事!!


慎重派の掘師だけに、
・相手関係やジョッキーといった要素を吟味
・あくまで馬の状態次第


というエクスキューズつきですが、すでに、輸送や
現地での調整など色々と手配を進めているとの事で、
掘師の照準は確実にドバイターフを捉えていそう。


今回はここ2年のドバイターフの覇者ヴィヴロスに
リアルスティール、メイダン競馬場・芝1800m重賞を
連勝中のBenbatl、昨年の香港Cでネオリアリズム
破って優勝したTime Warpも参戦の可能性があるとの
事でかなりメンバーは揃いそう。。

レベルの高いレースにはなりそうですが、その分、
優勝すれば価値あるものになるでしょう!



まずは、ドバイターフへ出走できるよう順調に行って
欲しいと思います。出走するという事は、、、
「勝負に行ける状態」という事ですからね!



期待しています!!!












※写真及び近況に関してはキャロットクラブ様より許可を得て転載しております。










↓もしよければポチっとお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。